ED治療薬の中には決して購入してはいけないものがあるってホント?

ED治療薬には買ったらいけないものがある?

ED治療薬には買ったらいけないものがある?

日本国内ではバイアグラ・シアリス・レビトラの3種類の男性用性機能改善薬が販売されています。性機能の回復に目を奪われて副作用やリスクの問題に対して、あまり関心を抱かれない方も多いのではないでしょうか。

そこでED治療薬の副作用や危険性に着目して、購入を控えるべきものがあるのかを考えて参りましょう。

そもそもED治療薬の副作用は、比較的少なく安全性も高いと考えられているのです。2012年に日本性機能学会が発表多勃起不全治療のガイドラインでも、薬物療法は高く評価され推奨もされています。

最新のシアリスすら登場してから10年以上の実績があるので、副作用や安全性についての、十分なデータの蓄積が為されているわけです。

そのような長年の治療実績の結果、比較的頻繁に見られる副作用には、頭痛・ほてり・軽い視覚異常に、長期間服用した場合に見られることがある筋肉痛などが代表的です。

特に多い頭痛やほてりなどの発現率はそれぞれ、12.7%と10%となっています。この頭痛が良く見られるのは、血管拡張作用の効果のおかげで脳内の血管も広がり、周囲の三叉神経が圧迫されその刺激をきっかけに炎症物質が分泌され、頭痛が生じるというメカニズムを持っています。

ただ重篤な事態になることはなく、一過性の症状で終わることが多いので、過剰に心配する必要はありません。ただED治療薬を服用出来ない薬は、存在しています。

同時に服用すると深刻な副作用が現れる可能性が高いものは、併用禁忌薬と呼ばれている種類のものです。単独では影響が無くても、併用することで思いもよらぬ重篤な合併症をもたらす薬があることには十分に注意を払う必要があるのです。

3種類ある全てのED治療薬についての、代表的な併用禁忌薬は、ニトログリセリンなどの硝酸薬です。ニトログリセリンは狭心症の発作を抑える目的で服用される薬ですが、両者の薬は似通った作用を有することが問題となるわけです。

硝酸薬には、血圧を下げて心臓への負担を軽くする作用を持っています。この血管拡張作用はバイアグラなどの薬も有する作用です。両者の薬を併用すると血圧が下がりすぎて、命の危険に直面する可能性もあるのです。

硝酸薬は飲み薬だけでなく、貼り薬・塗り薬・スプレーに含む場合もあります。そのため硝酸薬を使用中はバイアグラなどは処方を受けることが出来ません。

そこで購入してはいけないED治療薬がある?と問われるならば、そのような薬は存在しないと応えることになります。しかし硝酸薬などの併用禁忌薬を使用中は処方されないことは認識しておきましょう。